CAIR2021 参加アーティスト募集

現在、Campus Artist In Residence 2021に参加するアーティストを芸術専門学群の学生から募集しています!

Campus Artist In Residence とは

CAIR(Campus Artist In Residence)は、2019年から毎年2月に筑波大学で開催されてきたアーティスト・イン・レジデンスプログラムです。
海外から招いた美術系学生と、筑波大学芸術専門学群生が、滞在制作から作品展示までを共に行います。参加者一人ひとりが交流を通して新しい価値観や表現を獲得する機会となってきました。 

CAIR2021では海外から学生を直接受け入れることは難しい状況となりましたが、このような状況下でもオンラインを活用することで、学生間の多様なコラボレーションを実現したいと考えています。
今年のテーマは「correlate」。
アートの実践を通して人々が互いに関わり影響を与え合う場をつくることを目指しています。国内外のアーティストと交流したい、表現の幅を広げたいという意欲のある学生アーティストの応募をお待ちしています。

プログラム詳細・応募要項はこちらからご確認ください。


また、CAIRに関する情報はホームページ・各種SNSで発信しています。
ぜひチェックしてみてください!
ホームページ▷https://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/campus-air/
Twitter▷https://twitter.com/CAIR_2019
Instagram▷https://www.instagram.com/cair2021/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください