つく日 2019/06 やどかり祭を終えて

はじめまして、始めてツクナビの記事を書きます。1年生です。

私たちにとっては入学後初の一大イベント、やどかり祭を先日終えました。

私は自分の学群の御輿制作によく顔を出していましたが、新聞貼ったりペンキ塗ったりしているとちょうど1年前は高校で文化祭準備をしてたことを思い出しました。懐かしいです。去年とは全く違う土地・環境にいながら、1年前も今も変わらずみんなでひとつのものを作るのは楽しくて、それがなんだか嬉しかったです。 

やど祭の会場となる平砂宿舎に住んでいると、毎晩遅くまでダンスの音楽や太鼓の音が聞こえてきて祭の近づきを感じていました。やど祭前に限らず宿舎前はよく深夜に誰かの声がして、こんな時間に何してるんだろうと思うことが多々ありますが、これがつくば時間かとわかってきました…

やど祭前日なんかは実行委員さん達の声がいつまでも聞こえてきました。お疲れ様です。

やど祭当日は想像していた以上に賑やかで楽しかったです。どの学群学類も頑張っていて楽しそうで素敵でした。

数日後の朝、宿舎前はこの前の熱気や喧騒が嘘だったかのように静まり返っていました。

イベントってなんでも終わるのがあっけなくて、あれは夢だったのかというような不思議な気持ちになります。この感覚が寂しくもありつつ私はちょっと好きだったりします。あんなに時間をかけて作った御輿も解体されるのは一瞬でした。私たちが毎晩遅くまで御輿制作をしていて散らかっていた場所が綺麗に空っぽになっているのを見て喪失感を抱いたりしてますが、また容赦なく戻ってくる日常を受け入れ真面目に授業に出たいと思います。もうすぐ梅雨みたいですが雨が本当に嫌です。

 

個人的な話ですが、やど祭のおかげで友人が2倍くらいに増えた気がします。学群学類内で友達を増やしたいけどコミュ力が足りないとお困りの新入生の方がいらっしゃいましたら、イベント事に積極的に首を突っ込むと自動的に仲良くなれたりするのでおすすめです。次の機会は雙峰祭に向けての準備ですかね。頑張りましょう!やど祭お疲れ様でした!!

文:おざわ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください