文化部 – 2018年ワタシ的音楽

Tourists on an elephant ride tour of the ancient city Ayutaya ,t

年が明けて、もう1ヶ月が過ぎようとしています。
ここで、2018年に生まれた素敵なアルバムを振り返ってみます。もちろん2019年も、音楽とはずっと手を繋いで歩んで行きます。


中村佳穂『AINOU』


思わず手を止めて、聴き入ってしまった音と声です。何か新しい言葉を探そうと思っても、考えていると曲に置いて行かれてしまうので、とにかく耳を澄ますというのをして、気づいたらアルバムが終わっていたという感じでした。もちろんどんなアーティストでも音楽はしっかり聴きますが、1曲1曲をこんなにも丁寧に聴いたのは本当に久々だった気がします。

そしてぜひ、ライブ映像も見てください。とってもとってもハッピーになれます。

世武裕子『Raw Scaramanga』


けっこう昔のCMですが、もしかしたら見たことがある人もいるかもしれません、この方です。

このアルバムは、ポップ、バラード、R&B調のナンバーもあり、アプローチがバラバラ。アルバムを通して不穏な謎めいた雰囲気を感じさせます。しかしこそにエレガントな、とても女性的なものも感じる音楽です。このアルバムの1曲目の「Vega」のMVもすごくかっこいいのでぜひ。

カネコアヤノ『祝祭』


このアルバムを初めて聴いた時、最初から最後までずっと心を掴まれたままでした。おそらく、1年後の私は今とは違った感情や思いを持ってこれを聴いていると思うのですが、私自身が少しずつ変わっていく中でも、この音楽はどんな私にもずっと寄り添っていてくれそうな気がしました。

語りたいことはもっとたくさんあるのですが、言葉にしない方がいい、する必要のない想いや感想を持つような、そんな音楽ばかりなのです。こういう時に、女性にしかできない表現の美しさを感じます。ぜひ一度でいいので聴いてみてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。