春日エリア

筑波大学は森。筑波大学は大自然。ここで言う筑波大学に春日エリアが含まれているかどうかは諸説あるのでよくわかりませんが、仮に含まれるとしたら大自然のはず。きっといろんな生き物と出会えるでしょう。

IMG_1255

ヘビ(アオダイショウ・シマヘビ・ヒバカリ・マムシ等)


体長:約150cm  タイプ:どく くさ
出会える場所:春日エリアより正直本キャンの方が出会える
危険度★★★★★
レア度★★★☆☆

正直本キャンの方が出会える。 ついに来ましたね危険なやつが。でも実はそんな危険じゃないんです。マムシという種類は毒があって超危ないですが、それ以外は無毒なので恐れることはありません。これは友達になれそうです。肝心のマムシはをしているので本能的にわかると思います。つくばでヘビに噛まれて死んだと言う話は聞いたことがないので大丈夫だとは思いますが、つくば自然界では食物連鎖のトップ層でしょう。

 

IMG_1256

タヌキ


体長:約70cm  タイプ:ノーマル
出会える場所:春日エリアより正直本キャンの方が出会える。
危険度★★☆☆☆
レア度★★★★★

正直本キャンの方が(略。 タヌキはつくばにも生息しています。筆者は死体を大学付近で見たことがあります。タヌキはゴミを荒らしたり農作物を食べたりするので人間にとっては害獣です。筑波大学でも栽培されているトウモロコシやスイカが大好物、食い逃げの常習犯です。でもその顔はとってもキュート。世の中には、顔が可愛くてもしてはいいことといけないことがあるんやと言いたいです。人もタヌキも同じですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。