文化部 – Before I Wake「ソムニア-悪夢の少年-」

『ソムニア-悪夢の少年-』

xcyvubinjokp-1のコピー2016年アメリカ

監督:マイク・フラナガン

脚本:マイク・フラナガン/ジェフ・ハワード

xcyvubinjokp

夏といえばホラー!!!とは言っても、茹だるような暑さも去り比較的過ごしやすい気温になってきました。今回の文化部ではそんな夏の終わりにぴったりな、ホラー映画の中でも、美しく切ない作品をご紹介します!


<あらすじ>

愛する息子を不慮の事故で失った夫婦・ジェシーとマークは8歳の少年・コーディを養子に引き取ります。
紹介者のナタリーの話によると、3歳で母を亡くして以来里子に出され、里親に出されてからも不運が続いてきたコーディは頑なに眠ろうとせず、警戒心が強く睡眠に問題があるとの事でした。それを聞いた夫婦は暖かく受け入れようと決めました。

しかしコーディが眠ろうとしないのはある理由がありました。
「寝るとキャンカーマンという悪いやつが現れる」とコーディは言います。コーディが眠ると現れるキャンカーマンは人を食べ、コーディの母も食べられてしまったと言うのです。

コーディを寝かしつけた他夫婦が別室で映画を見ていると、奇妙なことが起こりました。蝶が現れ、1匹2匹と増えて行きやがて部屋中に色とりどりの蝶が舞いました。しかしそれは窓が空いていることに気がついたジェシーが窓を閉めたことで一瞬にして消えてしまいました。
息子の死後不眠に悩まされていたジェシーは寝不足による白昼夢だとかかりつけの医師に言われます。

壁にかかった写真についてコーディが話を切り出したことをきっかけに、コーディを引き取る前にショーンという息子がいた事を夫婦はコーディに告げます。
そしてその夜、コーディが眠った後居間でくつろぐ夫婦の前に信じられないものが現れます。それは亡くなった息子・ショーンでした。触ることが出来ると知ったジェシーは微笑み佇む息子を泣きながら抱きしめます。そこで子ども部屋のコーディが目を覚ますと、居間にいたショーンの姿は、いつかのちょうたちのように一瞬にして消えたのでした。

コーディには実は「眠ったとき夢を見るとそれが現実に現れる」という能力持っていました。以前蝶が現れたのも、蝶が好きなコーディがその夢を見ていたから現れたということになります。
それを知ったジェシーはコーディに亡写真だけでなく、亡くなった息子のビデオを見せそれが現実に現れるのではないかと考えます。そしてその夜、見事ショーンと会う事ができたジェシーはたいへん喜びますが、同じ頃コーディの部屋では黒い蛾を纏ったひとつの影が現れます。キャンカーマンです。キャンカーマンは「いつも一緒にいる」と囁くと暗闇に消えていくのでした…
夢を現実に出現させることの出来るコーディは、悪夢も現実になるのです。

コーディの能力と息子を失った悲しみとの間に揺れる夫婦の葛藤、そこから巻き起こる衝撃の展開、そしてキャンカーマンの正体とは……

その真実に誰もが涙する、哀しくも美しいファンタジック・ホラー映画。


 

ホラー映画好きの私は普段から多くの作品を見てきましたがこの作品を見終わった後、今までにない気持ちになりました。

映像、ストーリーどれをとっても良い映画です。ただ綺麗なだけではありません、もちろんホラー映画としての要素もしっかりと押さえていて見ごたえもあります。

新作コーナーでこの作品のパッケージを見た私は最近流行りの雰囲気ホラーだろうかと高を括っていました、しかし今ではではおススメするならまずはこれ!というほどお気に入りの作品です。

ストーリー重視のこの作品は過度な驚かしはなく、特殊効果もキャンカーマンのビジュアル程度と必要最低限に留まっており、非常に洗練されている。といった印象を受けます。CG技術を利用した色とりどりの蝶たちの美しさもまた、技術が発達した現代ならではではないでしょうか。

親を亡くしたコーディ、子を亡くしたジェシー・マーク夫妻との間に現れるキャンカーマンという存在によって大きく変化していく彼らの心情の変化に思わず見入ってしまいます。見終わった後の余韻もまた良い映画だったと思わせるもので、正直、邦題のせいであまり人々の目に留まらないのでしょう。

ホラーは苦手、グロいのはちょっと…というホラー映画初心者の方にも見やすい作品なので、初めて見る作品としていかがでしょうか?

文章:サトウ

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。