THE DEVIL WEARS PRADA

『プラダを着た悪魔』

主演:アン・ハサウェイ
原作:ローレン・ワイズバーガー
監督:デイビッド・フランケル
2006年公開

purada

時間ができた大学生の夏休み。せっかくだからお家でゆっくり映画を、なんていうのも、充実した過ごし方。

今回紹介する『プラダを着た悪魔』。きっと誰もが一度は耳にしたことのある有名な作品です。
恋に仕事に奮闘する女性に贈るサクセスストーリー なんてよく紹介される名作ですが、
さすがに文化部、そんな単純な話では終わらせたくない。

ジャーナリストを目指してニューヨークに出てきたアンドレア・サックス(アン・ハサウェイ)。
採用されたのは、かの有名な悪魔のように厳しい編集長、ミランダ・プリーストリー率いるファッション誌「RUNWAY」編集部。しかも、文章を書くなんてEメールくらいしかご縁のない、第2秘書。…女の子ならだれもが憧れる仕事。
ファッションになんて興味もなく過ごしてきたミランダがとつぜん、ブランド品を身に纏い、高いヒールでコツコツ歩く同僚たちに囲まれて仕事をすることに。
同僚に貧相な服装をバカにされ、悪魔上司には無理難題を突き付けられ、仕事がなかなか認められず、くじけそうになったアンドレア。

どうしたら上司に自分は変わった、仕事ができるようになった、と認めてもらえるだろうか…
思いついたのは、
アンドレアもおしゃれに着飾ることでした。こうすればきっと、ファッションを勉強して成長していると思われる。ミランダの秘書として外に出しても恥ずかしくないと認められる。だろうと。

どんどんおしゃれになっていくアンドレア。化粧なんてろくにしたこともなかったのに、ブランドなんて知らなかったのに、ニューヨークの街に溶け込み、ファッション誌編集部の一員として流されていくような生活。

I still the same person I was. I still want the same thing. ―私は以前のままだし 望んでいることも同じよ

そうアンドレアは言うけれど、どんどん出世していく仕事とは裏腹に、私生活では、変わってしまったアンドレアから昔からの親友たちも、恋人も離れていってしまいます。

ある日上司に告げられた言葉。 みんな私たちに憧れているのよ。
…あれ、いつから私たちになったのだろう。
はっとしたアンドレア。彼女の下した決断は…

この映画の見どころは、

物語が進んでいくごとにどんどん痩せて綺麗になっていくアンドレア。

時代を超えて煌めく衣装。なんだかおしゃれをしたくなってくる。

勢いのある街、ニューヨークの映しかた。すれ違う人のみんな綺麗に着飾り、充実しているように見える。それぞれが目的をもって前へ進んでいて、強い意志を持っていないとすぐに流されてしまいそう。情報はあふれ、可能性はたくさんあって、でもその中から本当に欲しいものを選び抜いて、チャンスをものにできるかどうかは、全部自分次第。

そして何より、見終わった後の、みなぎるやる気。私も何か成し遂げてやろうと思える。
気分はニューヨーク。いつもよりちょっとおしゃれをしてお出かけしたら、玄関開けた瞬間、つくばがあまりに森で、ニューヨークとのギャップに思わず笑ってしまいました。

ほんとにかなえたいことってなんだっけ。
見失ってはいけないものがあったよな、
今はそれに近づいている?
私の武器は何だろう。
おしゃれをすることだって、ひとつの武装なのです。せっかく時間がある今だから、自分にぴったりの武器を見つけて、立ちはだかる競争社会に立ち向かっていきたい。
そうすればきっとモラトリアムだって、自分を強くする糧になるはず。

さあ、いつもよりちょっとおしゃれをして、つくばの森を前へ突き進もう。
夏が終わるころには、今までよりも強くなった私と出会いたい。

文章:ひな
2018/7/1