資格取得の基礎知識

資格取得のススメ

資格は山ほどある。

ひとことに「資格」といってもその種類はさまざまで、仕事になる資格もあれば、趣味のための資格もあります。また、どのくらいの数の資格が存在するかというと、国家資格だけで約600種、民間資格にいたっては、どの程度存在しているのか分からないほどたくさんあります。まずはどんな資格があるのかチェックしてみましょう。

一度決めたら突っ走れ。

資格を取るまでにはそれなりの時間とお金がかかります。長引くほどお金はかかりますし、 モチベーションも下がってしまいます。また、資格試験は年に1回しか行われないものが多いため、 一度チャンスを逃したら、あと一年待たなくてはいけません。これらを考えれば、 一度取ると決めたら突っ走ること!これが資格ゲットへの近道です。

資格は就職の大きな武器!?

資格とは、自分のスキルを証明するためのものです。その意味において、 資格は就職のための大きな武器になるといえるでしょう。しかし資格を持っていれば就職は安心だ、 なんてことはありません。資格を持つことで得られる一番のメリットは、 取得までに努力したその頑張りが将来の大きな自信につながるということです。

資格の種類

資格には次の3つの型があります。

国家資格

国家機関が実施するもので、法律によってその資格制度が整備され、 国家がその能力・技術水準を社会的に維持、向上させる必要があるとする資格です。 専門的な知識・業務経験などが要求されるものが多く,試験も難しいものが多いです。
(例:税理士、公認会計士、司法書士、行政書士、宅建主任者、社会保険労務士、 不動産鑑定士、中小企業診断士、通関士、システムアドミニストレータ)

公的資格

民間団体等が試験を実施し、その試験、資格を各官公庁が推奨・認定しているもので、 各所轄庁が、それぞれの資格付与に一定の基準を設けています。社会的に必要とされる資格であっても、 国家が直接管理する必要性がない資格などがこれにあてはまります。
(例:英検、秘書技能検定、ファイナンシャル・プランナー、日商簿記、CG検定、 インテリアコーディネーター、インテリアプランナー)

民間資格

民間団体が実施・認定する資格です。民間資格には、一般的認知度の高い資格から、 一般には知られていなくとも業界内では認知度が高く有用な資格など、数多く存在します。 中には怪しいものもあるので、必要性を考え、よく吟味した上で受験することをおすすめします。
(例:TOEIC、証券アナリスト、CAD利用技術者、MOT、観光英語検定、通訳技能検定、旅行地理検定、漢字能力検定)