社会工学類の3年 Oさんのインターン

短期インターン

  • ——お名前、学類、学年を教えてください。

     社会工学類の3年生です。
  • ——なぜインターンをしようと思ったのですか?

     職場にいる人の雰囲気や、仕事内容が知りたかったので。
  • ——インターン先はどちらですか?

      経済産業省です。
  • ——なぜこのインターン先をえらんだのですか?

      元々経済についての仕事に興味があって、特に経済政策を考えたいと思ったからです。
  • ——インターン先ではどんなことをやられたのですか?

      1日の短期インターンで、タイと日本でFTA(自由貿易協定)を結ぶという仮定のグループワークでした。日本とタイの経済状況をふまえて、どういうEPA(経済政策)を提供するかという政策作成過程を体験しました。
  • ——今回のインターンでどのようなことを学ばれましたか?

      単純なものでしたが、政策決定過程が知れたことですね。
  • ——このインターンが将来のビジョンにどのような影響を与えましたか?

     公務員に興味があったので、どのような仕事かわかりました。
  • ——後輩にアドバイスなどありますか?

      インターンは業種の知識も増えるし、いろんな人と出会えます。短期のインターンなら興味の有る無しに関係なくたくさん行ったほうが良いと思います。むしろ興味がない業種こそ行ってみては。

長期インターン

  • ——お名前、学類、学年を教えてください。

     社会工学類の3年生です。
  • ——なぜインターンに行こうと思ったのですか?

     有名なインターン先だったら面白い人がたくさん集まって来ると思ったからです。
  • ——インターン先はどこですか?

     ワークスアプリケーションズです。
  • ——なぜこのインターン先を選んだのですか?

      ワークスのインターンは、選考や課題が厳しいことで有名だったので、自分の力でどこまで出来るのか挑戦してみたいと思いました。
  • ——今回のインターンではどんなことをなさったのですか?

      10日間のインターンで、課題をやることがメインでした。他にはグループワークとセミナーをやりました。グループワークは、答えのない問題に対して自分なりに考えたことをプレゼンするものでした。
  • ——今回のインターンではどのようなことを学ばれましたか?

      会社はクリティカルワーカー(問題解決能力者)を発掘するためにインターンを行っていました。クリィティカルワーカーというのは0を1にするイノヴェータのようなものです。インターンに行ってみて、自分で考えることの必要性を学びました。他にも、笑顔で働く会社員がいること、世の中には優秀な人がたくさんいるということもわかりました。
  • ——このインターンが将来のビジョンにどのような影響を与えましたか。

     ワークスは、ベンチャー企業なので大手キャリアじゃないキャリアの進み方をしていました。これは、自分にはない価値観なのでいろいろ葛藤もありましたが、将来のことを考える良いきっかけになりました。また、公務員の仕事に興味があったのですが、必ずしも公務員という道を進まなくても、自分のやりたいことをできる道があるんじゃないかと感じました。
  • ——インターン前にやっておけばよかったと、後悔したことはありますか。

      漠然とした目標よりも具体的な数値として、やりたいことを考えておけばよかったですね。例えば「優秀な人と出会いたい」という目標なら、「何人の人に話しかける」というふうにするとか。
  • ——これからインターンに行く後輩にアドバイスなどはありますか。

     インターンは自分がやらなきゃ何も得られないので、自分が何をやりたいのかをはっきりさせると良いですね。また「どんなことからも何かしら得たい」という気持ちで長期インターンに行きましょう。
--