研究学園の「エビスタウン」のなかにたたずむ Libertyさん。昨年の12月にオープンしたばかりのお店です。おしゃれな店内には数多くの種類のビールが並んでいました。こちらのお店の店長さんの濱道(はまみち)さん。お話を通して、ビールの魅力はもちろん、濱道さんの気さくで素敵な人柄を知ることができました。

※画像をクリックすると拡大します。

●なぜこちらのお店を開こうと思ったのですか?
 飲食店の経験はほとんどありませんでしたが、もともとお店を開くことに興味はありました。また、以前からお店を開いてみないかというお話はいただいていたので、始めてみようと思いました。

●なぜつくばにお店を開かれたのですか?
 私は土浦の出身なのですが、土浦はもう完成されている街だと思っています。それに対してつくばはまだまだ発展途上の街なので、お店を開くなら土浦よりもつくばかな、と考えました。特にこの研究学園は、これからどんどん大きくなっていく街だと思います。

●濱道さんの思う、ビールの魅力は何ですか?
 日本人って、ビールに対するイメージが狭い気がして……大手会社の普遍的なイメージがあると思うんですよ。でも実際はビールって作られるところによって全然違うので、ウイスキーやワインと同じで種類も個性もたくさんあります。そこを知っていただきたいと思っています。

●料理もご自分で作っていらっしゃるのですか?
 料理は基本的に私の手作りで、材料の仕入れも自分で行っています。おすすめはこちらの(メニューを指して)手羽先で、とてもビールの進む味になっています。ぜひお客様に食べていただきたいですね。

●お店で気にかけていることはありますか?
 やはり、お客様のなかにはビールにとても詳しい方もいらっしゃるので、もっと種類を増やしていかなければいけないな、と思っています。クラフトビール(*1)に関しては樽生(*2)で提供というのはなかなかないと思うので、このようなここでしか飲めないビールを増やしていきたいです。

●これからの目標はありますか?
 まずはお客様の数を増やしていきたいですね。今まではあまり精力的に宣伝をしてきたわけではないので、これからはたくさんの方にお店を知っていただきたいなと思います。

●おすすめのお店を教えてください。
  溶岩焼の萬鳥(ばんちょう)さんですね。同じエビスタウン内でがんばっているお店です。


(*1)クラフトビールとは、小規模なブルワリー(ビールを醸造する場所)で丹精込めて造られる高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて呼ばれているビールです。

(*2) 樽生とは、樽から直接注ぐことで空気にほとんど触れさせないことで鮮度を保ち、びんのときよりも工程を減らすことで与えるストレスを少なくした、より品質のよいビールのことです。

Beer Space Liberty
住所:つくば市研究学園C30街区 15画地 エビスタウンA103
電話:029-855-5295
営業:月〜土 18:00~1:00

[13/12/10]

文章 : いくちゃん
デザイン : いっちー
技術 : ぼこ