リサイクル特集

 春のつくばでは、大学を卒業し引っ越す人が多く、不要な家具や家電がたくさん出てしまいます。 そんな家具・家電をこれから大学へ入学する新入生に使ってもらうことで、資源の有効活用を図るリサイクルイベントをご紹介します。
 このイベントを活用すれば、新入生のみなさんも経済的な負担を減らすことができますよ。

つくばローカルコミュニティー主催「リサイクル市」

 「リサイクル市」を主催するつくばローカルコミュニティーは筑波大学の卒業生が運営しており、普段は学生生活支援のために様々なサービスを提供しています。「卒業生が引っ越しの際に出すごみを減らす」「新入生の経済的負担を減らす」という2つの目的のもと開催されるこのイベント。 全学規模でのリサイクル活動の実施を目指して、卒業生から新入生へ、毎年無料提供を行っています。

開催情報

開催日:2012年4月5日、4月6日(宿舎入居日)
時間:
1部 9:00~11:00(協力学類の方のみ入場可)
2部 13:30~16:30(非協力学類の方も入場可)
会場:つくばローカルコミュニティー店舗内(つくば市天久保3-19-6)
問い合わせ:つくばローカルコミュニティー
       http://www.tsukuba-lc.com/
       TEL 029-860-4040

新入生歓迎委員の協力

 リサイクル市は大学公認のイベントではありません。全代会(http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~zdk/wiki/)からは「学外団体の開催するイベントに大学全体としての参加を認めることはできないが、各学類が個別に協力するのを止めはしない」と言われています。
 このため、より多くの新入生に「リサイクル市」を利用してもらえるように各学類の新歓委員などに協力を呼びかけています。物品の無料提供には新歓委員の引率が必要となります(運営の円滑化・在校生との区別を図るため)。
 なお、リサイクル市への参加学類が16学類(全体の6割)に満たない場合は物品の無料提供は行わない可能性があります。

「リサイクル市」の使い方

 新入生の方は、必ず宿舎から会場まで所属学類の新入生歓迎委員に引率してもらってください(引率がない場合、無料での提供はできません)。受付をすませたら、あとはお目当ての家具や電化製品を探すだけです。

その他のリサイクルイベント