同乗者の人へ

ドライブにでかける際、ドライバーは運転で大変です。
同乗者の人の協力があると非常に助かります。
ここでは同乗者の人にやってもらいたいことをまとめてみました。

地図を読もう

車に地図は必要です。地図がないと迷ったとき頼る物がありません。
地図は必ず用意しておきましょう。
また街中で迷うと、路側帯に止めて地図を見るのは困難です。
同乗者の人はそういった際に地図を見て誘導する等協力してあげましょう。

他の車との連携

道路交通法の改正により運転中に携帯電話を使用すると、「普通車で6千円の罰金+1点の違反点数」が加算されます。
罰則だけでなく、かなり危険です。60㎞/hで走行中の場合2秒で32.75mも進みます。運転中の携帯電話の使用は絶対にやめましょう。
複数の車ででかける場合、他の車との連絡を取らないといけないことがあると思いますが、そういったときは同乗者の人に頼みましょう。
電話をかける相手もドライバーでない人にしましょう。あらかじめ決めておいた方がよいと思います。

ガソリン代の精算

長距離ドライブとなるとガソリン代がかさみます。
ドライバーからは言い出しにくいことなので、ドライバーでない人から、いくらですかと聞いてあげてください。
ガソリン代の目安は走行距離÷燃費×ガソリン代です。
燃費12㎞/lの車で300㎞走った場合(ガソリン代110円計算)、300(㎞)÷12(㎞/l)×110(円)=2,750円になります。
燃費は車によって違いますので、ドライバーに尋ねてください。